こんな物件欲しかった!文句なしの賃貸探し

記事検索
記事一覧

賃貸を利用するときはまずエリアを選ぶ

生まれた時に住んでいるのは親が決めた家になります。もちろん生まれた時ですから自分がどこに住みたいかなどわかりませんし言えません。親の考えのもとで決められたところになります。その後徐々に自分自身の自由も出てきます。学生時代においては大学に行くようになると一人暮らしをする人がいます。実家から通えない場合は通えるところを利用するしかありません。大学の場合は大学の近所などで探すことになるのでしょう。そうすれば通いやすくなります。ただし学校に近いからだけで選ぶと困ることもあります。その大学の近くに何もないことがあります。通学路の途中は同じような建物ばかりでコンビニがある程度です。それでは面白くないでしょう。

賃貸物件を利用するにあたってはまずはエリアの選定があります。今自分自身がどういった立場かを考えます。学生、社会人などです。一人暮らしか、家族持ちかもあります。会社に勤めているなら通勤がし易いところになります。会社が都心にあるとしたら都心に近いところを利用することを考えますが都心の物件は非常に高くなります。ワンルームでもかなり高いのでどれくらい通勤に時間がかかってもいいかを考えてエリアを決めるようにします。30分以内でいけるところ、1時間以内で行けるところなどです。会社を起点に取ってどれくらいの範囲にそれが入るかを地図で調べ、後はその中から好みの場所を選びます。駅に近いところなどを選ぶことが多そうです。

エリアを決めるときにおいても確実に決めるのではなくてある程度候補を持ちながら決めるようにします。あるところに決めてしまうとそれ以外の部分を見ようとしなくなってしまうからです。そこにいい物件があったらもったいないです。候補に挙げたところについてそれぞれ行ったことがないのであれば実際に行ってみます。特急が停まる駅なので大きいと思ったら意外に昔ながらの町並みのところもあります。隣の駅なども見るようにします。
Copyright (C)2017 こんな物件欲しかった!文句なしの賃貸探し All Rights Reserved.